ワンちゃんの無駄吠えについて

犬ワンちゃんの無駄吠えについて犬 

 

来客時の無駄吠えを治すには、しつけの面からアプローチがいくつかあります。

 まずは、「環境」を変えることです。普段から家の中で放し飼いにし、常に玄関まで自由に行き来できるようにしていませんか?

そうすると、ワンちゃんは玄関も自分の縄張りだと認識するんです。

 ワンちゃんには、「寝床」「生活範囲」「出かける範囲」の優先順位で縄張りを守る習性があります。そのため、例えば家の中のどこででも寝られるようにしていたら、玄関も「寝床」であり、大切な縄張りの一部ということになります。縄張りを守るのはワンちゃんの本能ですから、吠え続けるのは当然。守りを任されているので、ワンちゃんも神経質になるのです。

 そこで、普段から家の中でワンちゃんの行ける範囲を制限します。ケージという寝床を作って縄張りを求めたり、行き来できる範囲をリビングだけにして玄関には行けないようにしたり、玄関は飼い主さんの許可を得て行く場所にします。こうして玄関に対する縄張り意識を軽減するんですね。

 また、「経験」によって学ばせることもできます。ピンポンと鳴った時、吠えずにおとなしくしていても何も起こらない、飼い主さんにも褒めてもらえる、という成功体験を重ねるのです。方法としては、ワンちゃんに「静かにね」と言って、誰かにピンポンを押してもらい、おとなしくピンポンをやり過ごすことができたら、「いい子だね」と褒めてあげます。それを繰り返すことで、ピンポンが鳴っても不安に思う必要はない、とわからせます。

 「訓練」によって、ワンちゃんが玄関で吠えるのをやめさせる方法もありますが、飼い主さんが留守中に訪問があった場合などは制御が利かないため、普段からのしつけで直したいですね。

2018.01.22 Monday | 11:00 | -

このページの先頭へ▲