ワンちゃんの名前について

ワンちゃんにとって社会は紛らわしい音で溢れている

 

人間界には様々な言葉があり、人はそれを母音と子音の組み合わせで聞き分けています。しかし、犬には母音を聞き取る能力しかないため、その音を聞き分けるのに苦労することも多々あります。仮に、愛犬に「ノア」と名付けたと考えてください。その場合、犬にとっては、「ごはん」や「おやつ」という言葉も、自分を呼ぶための音だと勘違いしてしまいます。またその逆、つまり、飼い主は犬の名前を呼んでいるのにごはんやおやつをくれると勘違いしてしまう可能性もあるのです。「ノア」「ごはん」「おやつ」の3つは、犬にとって以下のように聞こえます。

 

  • ノア→おあ
  • ごはん→おあん
  • おやつ→おあう

これらのすべては、「おあ」という母音で構成されていますから、そこから自分の名前なのか、ごはんやおやつなのかを判断するのは結構難しいというわけですね。もちろん、頭の良い犬であれば音の強弱や呼ぶときのテンションなどで聞き分けることができるケースもありますが、すべて同じテンションで強弱も変わらない発音であれば、犬にとってはこれほど紛らわしいことはありません。

 

ワンちゃんの名前の付け方

 

日常でも使用する名前では、犬も呼ばれているのかそうでないのか混乱してしまうこともあるでしょう。犬がいちいち反応しない名前ということも考慮に入れるようにします。また、予防接種の案内など、市や動物病院からは飼い主と犬の名前でハガキが届きます。その際には、登録している犬の名前が漢字であれば漢字で表記されて来るでしょう。けれども、その他の場面で犬の名前が使用されるとすればほとんどが声による呼びかけです。

あまりにも呼びにくい名前や長い名前ですと、結局は愛称を呼ぶ回数が多くなってしまい、愛称の方が浸透してしまいます。これでは、せっかく名前を考えたのにもったいないですよね。犬の名前は、呼んだり呼ばれたりする頻度が多いもの。シンプルで呼びやすい名前が一番ではないでしょうか。さらに、犬種や性格から連想しやすい名前であれば愛着もわきそうですし、他の人にも覚えられるのではないでしょうか。意外と、日本で昔から使われている「ポチ」や「タロウ」といった名前はシンプルかつ愛される名前なのかもしれません。ペットとはいえ、名前はそのコが一生を終えるまでつきまとうものです。一般的に10年ちょっとと言われている犬の寿命ですが、あっという間に思えてなかなか長い時間ではないでしょうか。ペットも飼い主も、楽しい日々を共有するためにも、愛着のわく適切な名前をつけて可愛がってあげましょう。

 

2017.12.18 Monday | 11:00 | -

このページの先頭へ▲